安心して任せる事ができて満足の結果が残せるB工事会社の選び方

SITEMAP

B construction

B工事を任せる会社の選び方

これからB工事をしてもらおうと思っている人はいると思いますが、そのような人でB工事をどこの会社に任せていけば良いのかさっぱりわからないという人はいるでしょう。そのような人はどのように選んでいけば良いのかをこれから解説していきたいと思います。まず、B工事を任せる会社を選ぶ際には、信頼性を重視していくべきでしょう。
やはり、B工事をするためにはかなりのお金がかかると言われているので、欠陥工事などをされてしまったらとても困るのです。欠陥工事をされてしまった場合には目も当てられなくなってしまいます。そのようにならないためには、事前に信頼できるような会社を探してから、そのような会社にB工事を依頼するということが重要です。
最近ではインターネットで探していけばどこの会社が信頼できるのかということが自然にわかってきます。それくらい情報社会になっているので、調べる気になったらわかるのです。次に、今までにどれくらいのB工事をしてきたのかということで選んでいくのが良いでしょう。やはりB工事は経験がものをいう工事であると言えます。だから、今までにどれくらいのB工事をしてきた会社なのかということを重視してから会社選びをする必要があります。

B工事は絶対に安くならない?

店鋪やオフィスなどの工事は、ABCという工事区分に分けられています。A工事はオーナーが行うもので、BC工事は入居者が行うことになります。特にB工事はオーナー指定の業者を使わなくてはいけないため工事費用が高くなる傾向にあります。そんなB工事をどうにか安くすませられないかとお考えの方も多いでしょう。
そういった方のために、どのようにしたらB工事を安く行うことができるのかご説明します。B工事を安くするのは簡単ではありません。しかし、オーナーとの交渉次第ではオーナーにB工事の工事費を負担してもらうことができるケースもあります。例えば店鋪やオフィスに長い間入居者がいない、何か難がある、など条件的に入居者が有利な場合には交渉してみて損はありません。オーナー負担は無理でも、オーナーの方で業者に交渉をしてくれるということもあります。
B工事はその特徴から、絶対に安くならないものだと思い込んでしまっている方も多いでしょう。しかしながら、ここまで説明してきた通り場合によってはB工事でも安くすませることができたり、オーナーに工事費用を負担してもらうことができる可能性もあります。交渉をしてみるだけ損はありませんので、是非実践してみてください。

B工事が高い訳

テナントビルに新たに入居する場合、テナント側が間仕切りなど内装で希望を通そうとすると、どうしても照明や空調、防災設備(スプリンクラーや非常放送用スピーカー、火災報知器)などの移設や増設をしなければならない場合が出てきます。この場合、照明器具や空調機器、防災機器などはオーナーの財産ですが、移設する工事はテナントの要望で行うため、この工事代金はテナント側で支払うことになります。
ただし一般的に、照明や空調、防災などはビル全体の設備に関わっており、他のテナントにも影響を与える可能性があるので、設計と施工はオーナー側が行います。このオーナーの財産をテナントの都合で行う工事をB工事といいます。いっぽう、メーターや窓のサッシ、共用のトイレや廊下などを改修する場合は、オーナーの都合で行いますからこれはA工事といわれています。
また、入居の際に電話線を引いたり、インターネットの配線をしたり、壁の間仕切りをしたりというのは、テナントが専有部分において勝手に変更を加える部分ですから、設計から施工および工事の支払いはすべてテナント側の負担になり、これをC工事といいます。このようにC工事は、テナント側が見積もりを取って安い業者で行うことが可能ですが、B工事はビル全体の面倒を見ている業者が、責任をもって工事を行いますから、どうしても単価が高くなりがちです。B工事の特徴をしっかり理解しておくようにしましょう。

RECENT POSTS

CHOICES CONTENTS

UPDATE LIST

2017年04月25日
B工事は何が重要なのかを更新しました。
2017年04月25日
オフィスビルの内装工事を更新しました。
2017年04月25日
B工事とはを更新しました。
2017年04月25日
B工事の流れとはを更新しました。
TOP